アントレプレナー重視の伝統

Our global ventures platform

Our platform is one of the largest in the world, with teams investing in Asia, Europe, Israel and the US.

弊社の歴史は、Edward C. Johnson二世が1946年にボストンで世界で最も著名な金融サービス会社の1つ、Fidelity Investmentsを創設したときに遡ります。

アントレプレナー重視の伝統

Fidelityの最初のプリンシパル・インベストメント・ビジネス、Fidelity Venturesは1969年に設立されました。Edward C. Johnson三世はビジネスの確立、現状維持への挑戦、知的欲求を満たすため、Fidelity Venturesは世界的な通信大手企業であるMCI、Continental Cablevision(世界最大のケーブル・ネットワーク会社の1つ)、第1世代のパーソナル・コンピュータとビデオ・ゲーム・メーカーであるATARIを含む様々な企業の成功をサポートしました。

こうした伝統から生まれたEight Roadsと姉妹ファンドであるF-Prime Capitalは、起業家精神に根差した強いコミットメントをその底流に有しています。弊社は動じることのない投資家として事業やビジネスの構築に邁進しております。我々は常に強い信念を持って起業家を支援します。共通の目的を共有するマネジメントや創業者と連携しています。同時に、自ら考え、汗を流すことで会社を設立し、その成長のために努力を惜しみません。

Eight Roadsのシンボルは、弊社の哲学を最も正確に表しています。特にアジアでは永続的な富と繁栄を象徴し、無限のシンボルでもある「8」の数字が弊社を象徴しています。我々はこれを「wealth to the power of time(無限大の価値と富)」と呼んでいます。これは、強力で意義あるビジネスの構築に対する弊社のコミットメントを現したものです。

 

規律あるコミットメント

Eight Roadsはファンドとしてのライフサイクル、つまり資金調達、規制、投資家との契約等に束縛されません。自社資金ならではの安定性に加え弊社の長年の経験(良いも悪いも含め)によって弊社は確固たる信念でもって企業を支援することが出来ます。弊社は、多数の投資家の短期的ニーズではなく、企業の長期的な成功にとって最適な方法を常に尊重します。

弊社は長期に渡りなビジネスをサポートすることができます。投資先の中には25年近く保有している企業もあります。こうした長期的な投資期間には規律が欠かせません。それは投資期間中のマイルストーンがしっかり達成されているのかを見るだけではなく、ビジネスとして最適なエグジットのタイミングを見出すことも同じように肝要となります。

このような長期的な立場を取り方は、リスクを避け、動きが遅いと見なすかもしれませんが、実際にはそうではありません。Eight Roadsで働く人々は野心的で情熱的で革新的です。この自然な好奇心が、洞察を発見し、投資テーマを見つけ出し、テックやバイオサイエンスなどのテーマに基づいて新しい概念を育てることを楽しんでいます。弊社は変化に対応し、情報を基にした自信と迅速さで様々な機会に対応します。

 

グローバルネットワークとパートナーシップ

弊社のオペレーションモデルと文化は、コラボレーションに非常に富んでいます。考えを磨き、他者の意見からインスピレーションを得ることを好みます。Eight Roadsとその関連ファンドを中心としたネットワークは、弊社が投資するビジネスや起業家にとって素晴らしいグローバルプラットフォームを提供しています。